harudanjiの2馬力・ゴムボート

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴムボート!

  作成日時 : 2015/03/03 09:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の初釣り(1月3日)外房に行ったときゴムボートに興味が沸いた。
これまでも手漕ぎボート釣行時に何度か見てたが、
特に欲しいとは思わなかった。
それが今回何を思ったか?注文してしまった。(笑)
ゴムボートは膨らませたり運んだりは大変だと思っていたが、
その日、一人の釣り師が電動ポンプで簡単そうに膨らませ、
後部にゴムタイヤを付けてヒョイヒョイとサーフまで運んで行って
ブルルンと船外機のエンジンをかけて沖に出行った・・・きっかけはそんなとこ。
そしてネットで注文してから1週間弱、1月23日宅配便で到着。
ジョイクラフト オレンジペコ320W。
インフレータブルボート(英: inflatable boat)通称ゴムボート。
空気の入った気密性のチューブで作られた水上を航行する小型船舶。
船舶免許も持ってるので予備検付6馬力セットの見積り依頼だったが、
色々考えた結果、2015値上げ前のお買い得品?HONDA2馬力セットに心が動いた。
画像

早速ドーリーや船外機含め3梱包を広げてみました。
画像

付属の高圧ポンプの取り説読みながらエアーを注入します。
画像

途中腰板をセットしたり、2段階に分けてエアー注入
画像

これでエアー注入のやり方、要領は判ったかも?。
と、エアーを抜いてたたもうと思ったとき、「このキズ何?」カミサンが気づいた。
画像

「エアー漏れてなかったの?新品でこれはダメでしょう!?」
まぁ、大したキズではなさそうなので自分で治そうかと思ったが、
一応販売店にキズを治すのに塗料を分けてくれるか、メール入れてみた。
そしたら「自分で治すと今後保証が受けられないので送り返してください
到着後調べて代替品を送ります」との事だった。
そして製造元に送ってから5、6日経っても連絡無いので、販売店にメールした。
すると暫くして「4〜5日膨らませた状態で様子みたが、エアーは漏れてません。
注入の方法(圧力)に問題があったかも知れない」と販売店の担当者から電話が入った。
その数日後、結局私が一番気にしてたキズはそのまんま、治さず送り返してきた次第。
ネット購入はリスクがあるというか、仕方ないのかなぁ・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴムボート! harudanjiの2馬力・ゴムボート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる